食生活を改善して産後ダイエットを成功させよう

ウーマン

飲むだけの手軽な方法

コップ

芸能人や有名人、アスリートなどが愛飲していることから、一般の人たちにも周知が広がりつつあるのが水素水です。飲むだけで体内環境や体質の改善へ繋がり、身体の中から綺麗になれると言った特長があります。身近なお店で購入出来る・生活に採り入れやすい・ダイエット以外にも美肌や美容効果が得られることから人気です。

More...

体型に革命を

お腹

ぽっこりお腹の原因は、便秘やストレスが関係してきます。便秘を解消する方法として、野菜から食物繊維を摂取したり、軽い運動を行うことで解消します。ガスが原因の場合は、ストレスを無くして、リラックスした生活を送ることが大切です。

More...

妊娠中の腸の不調を改善

妊婦の女性

妊婦の便秘には、ホルモンのバランスが関係していることが多いです。腸の運動が低下する弛緩性便秘が多く、腸を活性化させることが必要になります。妊婦用に発売されている人気のお茶は、腸を温めて弛緩性便秘を解消することが可能です。飲みやすさや手軽に飲める点も評価されています。

More...

産後のダイエット方法

お腹を触る女性

母乳でダイエットすること

妊娠中は体重が8キロから、多い人では20キロ近く増える人もいます。出産後、赤ちゃんは約3キロ、胎盤などその他のもので約2キロ、合計5キロは何もしなくても落ちる計算となりますが、現実はそううまくいかず、産後ダイエットをされる人が多くいます。妊娠前の体重まではすんなり落ちたが、そのあと数キロがなかなか落ちないとか、妊娠前の体重まであと2キロなのに…というのはよく聞く話です。母乳はダイエットに効果があるのは有名な話で、母乳で産後ダイエットをしようと意気込んでいる方も多いです。母乳はお母さんの血液から作られています。生まれてすぐに3時間おきの授乳、その母乳育児の消費カロリーは、1日に800〜1000キロカロリーです。母乳をあげてこのカロリーが消費されるため、とても魅力的ですが、当然消費カロリーが多いためお腹が空きます。母乳をあげているから、と食べ過ぎていると、逆に体重が増えてしまうこともあります。またお母さんの摂った栄養はそのまま母乳を通して赤ちゃんへ行くため、バランスの良い食事を意識する必要があります。

母乳ダイエットと食事生活

母乳で産後ダイエットをする際に、オススメするのは和食です。と言っても、産後のお母さんは、昼夜問わず、赤ちゃんの育児でとても大変です。その上家事などもこなしていくため、自分の食事はおろそかになりがちです。そんな時にオススメの間食はおにぎりです。梅干しを入れたり、昆布を入れたり、簡単に用意できるいろいろな具を入れて、小腹が空いたときに食べましょう。また普段の食事では、味噌汁を飲みましょう。少し大きめのお鍋に野菜をたくさん入れて、具沢山の味噌汁を作っておきましょう。味噌汁は野菜を手軽にたくさん摂ることができます。味噌汁さえあれば、ご飯とお浸しなどの副菜、焼き魚で立派な食事です。無理をせず、赤ちゃんにとっても母乳にとっても、そしてお母さんの産後ダイエットにとっても、とてもいいものです。